MENU

FPが住宅購入計画をサポート FPが住宅購入
計画をサポート
はなぶさFPと購入の流れ はなぶさFPと
購入の流れ
イベント一覧 イベント一覧

住宅購入で失敗した経験があって、住宅に特化したFPになりました!

はなぶさFP事務所代表の万江英彰(まんえひであき)は

住宅購入で失敗した自身の経験から、住宅に特化したFPになりました。
その失敗談や、
住宅に特化とはどういうことなのか、
聞いてみましょう。

前のページ 住宅ローンを組む際、アドバイスしてくれる人がおらず、迷いました。

先入観を持たず、専門知識を持った人に相談することをお勧めします。

住宅購入を検討している方が、同じ失敗をしないために、助言できることは何ですか?

万江:住宅ローンは35年の金融商品です。「どこの銀行でも同じでしょ?」や「住宅メーカーが勧めるローンが良い」などといった先入観をもたず、私のように知識をもった専門家に相談し、賢く選ぶことをお勧めしています。
また、新築物件でも中古物件でも同じなのですが、購入費だけでなく住み始めてから数十年にわたって光熱費やメンテナンス費などの費用が掛かることを含めて、考えることが必要です。

購入計画・資金計画のお手伝いをいたします。

住宅を購入する人に対して、ファイナンシャルプランナーとしてできることは何ですか?

万江:住宅購入で損をしないためには、住宅ローン、住宅税制、贈与税、補助金 などの知識が必要です。しかし一般の方がそれを学ぶのは難しいことですよね。私のような住宅に特化したファイナンシャルプランナーにご相談いただくと、これらの知識に加えメンテナンス費や光熱費、住宅性能や耐久性などの情報も含めた購入計画・資金計画のお手伝いをすることができます。

多くの方が500万円以上のコストカットにつながっています。

万江:「相談してよかった」とおっしゃるお客様が殆どで、多くの方が500万円以上のコストカットにつながっています。
中には30年トータルで1,500万円(試算)のコストカットができた方もいらっしゃいます。

はなぶさFP事務所は住宅に特化したファイナンシャルプランナーです。さらに詳しく
代表FP 万江ブログ 代表FP 万江facebook